読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコニコ超会議(超技術書典)に出展します!

ニコニコ超会議も、技術書典も、どっちも過去に一般参加したことがあって、そのときに「いつか出展したいな」って思ったイベントの一つです。

 

 去年の超会議の様子。

(このときはまだVRっていうのが全然知られてなかったから、この写真が物珍しがられた。1年でここまで普及したんだからすごいよね、VR。)

 これはこないだの技術書典の様子。

念のためにご説明すると、「技術書典」っていうのは、同人誌の中でも「技術書」と呼ばれるジャンルのオンリーイベントです。

 前回の技術書典のときはこんな本に出会った。

 

で、この度、「技術書典」がニコニコ超会議の中で開催されるようで、スペースを頂けたので、出展します。

配置は、1日目(4月29日(土)) B-09・2日目(4月30日(日)) い-09です。

(サークル配置の表記が日にちで異なりますが、スペースの場所は同じです。)

で、頒布するものですが、まずは既刊「読めば5分で村上春樹っぽい文章が書ける」シリーズ第2弾『ハルキになる3つの方法』(著:村上冬樹)の再再再版。

 内容サンプルはこちら。こないだの冬コミのときの新刊になります。

(これは「技術書」にはたぶん入らないかと思うので、一応おまけっていう立て付けです。)

 

で、新刊は「村上春樹っぽい文章」シリーズ第3弾『ノルウェイの象 ~マストドン用語だらけのハルキスト~』(仮題)。

村上春樹っぽくインスタンスを実装する本にしたいなあと思ってますが、なんとまあ書き始めていないので、順次更新していきます。

 

あとここだけの話なんですが、同じくニコニコ超会議の中で開催される、好きなものを飾ったり売ったりしていい(らしい)「超まるなげひろば」っていうのにも1日目のみスペースを頂いたのですが、配置図を確認したところ両隣がかなり有名な「踊ってみた動画」の「踊り手」のようで、

「本を売ります」って申し込んだのに不思議だし、どうすればいいのかよくわからず戸惑っています。けど空席にはしないので、何か飾るか売るかします。

それではGW初日は幕張メッセでお会いしましょう。

 

以下、毎度恒例の、エゴサで見付けた誉め言葉です。