読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味ハロウィン2016 スベらないための傾向と対策

同人・イベント

どうも、もひもひです。


先日行ってきましたこちらのイベント、
一通りバズり尽くされた感のあるタイミングになりましたので、
どうすればスベらないのか
という点に絞って、行ってきた感想と課題を考えたいとおもいます。


会場に着いて、最初に座った席の斜向かいに座っていたのがこちらの農家夫婦でした。
二人の様子を見て、名札に下げられた紹介文を見て、ああとんでもないところに来てしまったな、とおもいました。



正直、女性のがシュールさがある(ウケ狙い感を感じさせない)から有利です。


この4名様は、皆様心の底から演じ切っていたので見ていて面白かったです(もはや仮装ってレベルじゃない)。

それぞれの参加者の様子や紹介は、各レポート記事やハッシュタグ付きツイートに譲りますが、
何をすればウケるのか(=スベらないのか)について、来年以降の参加者の方に共有をしたいとおもいます。
(ここからは他の参加された方のツイートを引用します。)


1.決めポーズがあるとグッド

ネット上では画像で拡散されることが多いのであんま関係ないかもですが、
やっぱり会場で直に見る分には、モーション、動きがある方が見ていて面白いです。
「決めポーズ」はスベり度をグッと引き下げます。


サインを書く、というのはハイレベルすぎて真似できなそうですけど。

2.「併せ」やすいとベター。

正直このイベントは、参加者全員が「出オチ」しているようなものなので、
割と早い段階で、異なるシチュエーションの仮装同士がコラボレートするような流れになります。


こういう偶然はかなりレアで、狙ってできるものじゃなさそうですが。


「報道カメラマン」みたいな、幅広いシチュエーションに対して併せやすいような、「互換性」があると重宝されますね。ナイスです。

3.会場の枠にとらわれる必要はない。

会場は入退場自由なので、会場外の現場で実力を発揮するのもありです。



会場のカルカル周辺には、観覧車、トヨタショールーム、ゼップ東京などがありましたが、
来年から会場が変更になるようなので、周辺施設も要確認。
ともかく、会場というフレームにとらわれる必要はないわけです。

4.イケメンは地上波に乗る。


そういうことです。

ともかく、来年もどうやら開催される? ようなので、地味ハロウィン2017初参加の各位は上の4点を意識して、不安なく参加すればいいと思います。
(ちなみに、「スベらない」とか書いてますが、じゃあ「スベってた人いたのか?」って言われると、いなかったんですよね。みんなベクトルが別すぎて誰でも受け入れられる土壌があるし、誰が何しててもおもしろい。)

蛇足ながら、「そんなお前は何のコスプレをしたんだよ」というツッコミにお答えすると、こんな感じです。ご参考まで。


この後たくさんお写真もらえました。ありがとうございました。


それではまた来年。