読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島、5度目の秋。

写真

一時立ち入りする親戚に連れ添い、定期的に被災地に入っている。

f:id:mohi_wakame:20151211093417j:plain

気付いたら常磐道が繋がっていたけれど、

f:id:mohi_wakame:20151211090930j:plain

どこかただ事じゃない雰囲気がある。

f:id:mohi_wakame:20151211112619j:plain

20キロ以内が完全封鎖されていた前回訪問時に比べると、閉鎖された地域は減ったけど、

それでも入れないところには入れない。

f:id:mohi_wakame:20151211102903j:plain

入れるようになったけど、もう人が戻ってこない町があって、

f:id:mohi_wakame:20151211142328j:plain

もう入れなくなった町もあって、

f:id:mohi_wakame:20151211103128j:plain

建物の中を見ると、急いで避難したあの日の空間がそのまま残っている。

遠い国の話でも昔の話でもなくて、東京から200キロ離れた場所の現在にこれがある。

f:id:mohi_wakame:20151211101014j:plain

人がいないのかというとそうではなくて、そこら中ででっかい工事をやっていて、

f:id:mohi_wakame:20151211110949j:plain

作業員向けの簡易宿や食堂は至る所にあって、これを「賑わい」と呼ぶかは別にして、人は結構いる。

f:id:mohi_wakame:20151211143523j:plain

福島は、5度目の秋を迎えている。

人間の事情なんか関係なく、自然はちゃんと四季を繰り返していてなんか安心するけれど、向こうの送電線がなんのために作られたものなのか、とか考えると少し切ない。