読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇だから技術社会を憂う。

山中教授がノーベル賞を受賞した。彼の発明したiPS細胞を用いれば、人体の諸器官が再生できるという◆「iPS細胞」のiが小文字なのは、ヒット商品を連発するAppleにあやかりたい、という教授の遊び心なのだそうだ◆だがめざましい近年の医療技術の発展は、多くの倫理的問題を孕む。出生前診断により、安易にダウン症児が中絶されるという懸念がある◆こうした「産み分け」と軽率な「再生ありき」の治療は、神より授かるべき人命の価値を貶め、人体を「製品」と錯覚させる◆米国のIT企業に乗っかり商業主義に走り、「愛」を小さく見積もるようなことがあってはならない。