東京土のうコレクション2019

台風一過です。どうも、もひもひです。

いかがお過ごしでしょうか。

 

f:id:mohi_wakame:20181012073912j:plain

不謹慎を承知で言いますが、やっぱりこういう非常事態はワクワクしてしまいますよね。防水板みたいな「いつ使うねんこれ」みたいなモノが実際に使われてるのを見るのは楽しい。

で、今日鑑賞したいのが、

f:id:mohi_wakame:20181012072427j:plain

土のう。

この手の災害に不慣れな東京では、ベストプラクティスが何なのか今ひとつ分からないまま、各店舗が思い思いの備えをしていた。一夜明けて、何事もなかったことが分かった上で鑑賞すると非常に趣深い。

例えば上のスギ薬局は、物量豊富な土のうとビニールシートで二段構え。薬剤師らしいダブルチェック体制が敷かれているのが分かる。分かってくれ。

f:id:mohi_wakame:20181012072459j:plain

都市銀行。なんとも銀行員らしい、年季の入った土のうが丁寧に積まれている。土のう出すのに支店長に稟議回したりしたんだろうか。

 

f:id:mohi_wakame:20181012074621j:plain

薄切りの土のうを重ねて並べる焼き肉方式。思想が出るから楽しい。


f:id:mohi_wakame:20181012065609j:plain

ガラス保護のために養生テープを貼ってる例。ここまで抜け目なく貼られていると、貼ってるときも結構楽しかったんじゃないかな、なんて思っちゃう。

 

f:id:mohi_wakame:20181012074527j:plain

野郎ラーメン。一見豪快に見えて厳重で丁寧。野郎ラーメンもそういう姿勢で作られているに違いない。

 

f:id:mohi_wakame:20181012071313j:plain

もういかにもあきばお~って感じ。

 

f:id:mohi_wakame:20181012074228j:plain

ピタットハウス。もうちょいピタッと貼らなくて大丈夫か?

 

f:id:mohi_wakame:20181012074638j:plain

地下にあるタイプの、歴史ありそうなライブハウス。ベニヤ板を土のうで固定していて強そう。長年の知恵って感じ。

 

f:id:mohi_wakame:20181012072440j:plain

日高屋。ショーケースだけは死守しかったらしい。餃子が安い。

 

f:id:mohi_wakame:20181012074830j:plain

みんな大好き魚金は段ボール。

 

f:id:mohi_wakame:20181012075425j:plain

ゴミ捨て場みたいなビジュアルだが、段ボールを土のう的活用している例。実は合理的なのかもしれない。

 

f:id:mohi_wakame:20181012081501j:plain

多量のベニヤ板が都合良くあるとこういう、鉄壁の防御ができる。

 

f:id:mohi_wakame:20181012082132j:plain

売ってるのはパンでも貼り方は「米」。

 

f:id:mohi_wakame:20181012082150j:plain

TENGA屋さんは珍しい「井」型の貼り方。マスをかく、ということでしょうか。

 

f:id:mohi_wakame:20181012075554j:plain

アップルストアに土のうがある光景は新鮮。

 

f:id:mohi_wakame:20181012075607j:plain

いかほどの効果があるのかは分からないが、侘び寂びを感じさせる、ぽつんと置かれた土のう達。禅の精神。

 

f:id:mohi_wakame:20181012075659j:plain

「そう。すべての土を、この袋の中に。」

 

f:id:mohi_wakame:20181012075642j:plain

アップルストアはやっぱりアナウンスも斬新で、各店舗「台風のため休業です!」「ご迷惑おかけし申し訳ございません。」みたいな苦悶の表情で焦燥感ある案内を貼る中、この「ちょっと営業時間をアレンジしてみました。この遊び心、いかが思われます?」みたいな余裕が感じられていい。このスタンス、通常とは少し異なります。

 

f:id:mohi_wakame:20181012075248j:plain

ずいぶんロックな養生テープの貼り方だな、と思ったらそういうデザインのガラスだった。君はテープを貼らない。

 

f:id:mohi_wakame:20181012075818j:plain

それでもやっぱり銀座のお洒落なお店は土のうを置いてもお洒落で、

 

f:id:mohi_wakame:20181012075822j:plain

この 土のう、一歩またいだら大人になれる気がしたよ。

小泉進次郎っぽい発言を自動生成して環境大臣を目指す

どうも、もひもひです。

話題の小泉進次郎環境大臣ですが、環境省のサイトに記者会見の全文書き起こしが載っている。

www.env.go.jp

これを自動生成ツール

peta.okechan.net

に打ち込んで、答弁を自動生成します。

以下、もひ泉進次郎環境大臣の答弁です。

今日の、意識が変わり、社会が、実現に向けて、一つ一つは、この気候変動の取組や、それを支えるような社会、これが世界で勝負はできるはずだと思ってますから。仮に私がその部分を担当する日が今日なのですけれど、あの景色っていうのは、私も印象的だったのは、そういうきめ細かい構図の見方、その分野においては、私はいつも行きます。

思ったより小泉進次郎を感じますね。 最後の「私はいつも行きます」のあとに遠い目をしてそう。

今、日本政府を挙げて、インバウンドの投資をやっている時に、例えば、今まで環境省の職員のみなさんいますから。今日1日だって、これだけ、1日だって、これだけ、1日で、日本に来た外国人の方にも意見を聞きながら、後押しをしたり、連携をしているときに、暑い中寒い中、忙しい中、忙しい中、移動の時間をかけて環境省から本府にいくようなコスト、そういったことを念頭において、しっかりとコミュニケーションをとって、前に踏み込んでくれてるんですよ。

同語反復してるのはバグなんだろうけどそこがまたかえって小泉進次郎らしさを増してるのが面白いですね。

様々できることあると思うんです。そこにはイノベーションも大事だから、私は折を見れば、日本以上に、そういった取組が出てきていることは素晴らしいことだと思いますし、今すぐ説明責任を果たさなければいけないことがあるという時に、こんなに露骨に売り込まないんですよね、いいもの持ってますから。この大阪で決められたことの目標の達成に向けて全速力で走っていきたいと思います。

なんか慣れてきましたね。

海洋プラスチックの量は減るので、残念ながらベストスリー、この中でも、経済や雇用とか、他のところ行けば、全然、沿岸部とは違うアメリカが離脱をするという、抜けても抜けなくても日本のプレイヤーとしての力や社会の中に入ってしまいます。そういったことを省きながらも、メディアの皆さんの協力もぜひ仰げればと思っています。

メディアの皆さんの協力も仰ぎたいらしいです。

どんな閣僚が来るかわからない、自然とともに生きてきた、それを支えるような社会、これが世界で広がってます。だからこれから日本のいい部分と、そして、海外国内、国内では国民運動に広げ、海外では、日本の海洋への排出量は大きいです。9割超えてますから。そういうことをよくよく考えて、目の前の大阪で決められたことの目標の達成に向けて全速力で走っていきたいと思います。

良い所信表明でしたね。

以上で、もひ泉進次郎環境大臣所信表明演説を終わります。

東京タピオカランドという白昼夢

東京タピオカランドに行ったんだけど、あれは白昼夢だったんじゃないかって思ってる。

 8月25日にコミティアに出た。その後、ポムポムプリンカフェに行く予定が元からあったんだけど、コミティアにいるときに手条 萌 さんとタピオカの話になって、これも原宿にあるってことだから行ってみることにした。

場所は原宿駅徒歩2分のおしゃれビル。

ビルの他のテナントは工事中なので「本当にやってんのか」と不安になるが、ちゃんとやってた。どうやら新築のビルで、他テナントが工事中のグランドオープン前につなぎとして営業してるっぽいタピ。

f:id:mohi_wakame:20190825164603j:plain

デザインの敗北が楽しい。

入り口のスタッフに1,200円を払う。払うときに手条さんが、業務用の小銭ケースみたいなのから100円玉を出したら、スタッフに「なんでそんなの持ってるんですか」みたいに突っ込まれてて笑う。サークル参加者なので。

f:id:mohi_wakame:20190825164915j:plain

入場料には「ウェルカムドリンク」が1杯含まれていて、この試食コーナーみたいなところでウェルカムドリンクを取る。

f:id:mohi_wakame:20190825164959j:plain

ウェルカムドリンクを3杯並べた様子。

このストローが絶妙にタピオカが飲めそうで飲めない太さで、ズズズズズッジュルッみたいな下痢便みたいな音が出て焦る。周りの若者は無音で吸えるのに。世代だ。

以降、園内の様子。

f:id:mohi_wakame:20190825171133j:plain

f:id:mohi_wakame:20190825165054j:plain

f:id:mohi_wakame:20190825165526j:plain

f:id:mohi_wakame:20190825165435j:plain

小学校の教室2つ分くらいの園内には、たくさんの空間と概念があって良かった。

店舗は4店舗あって、学園祭みたいな微笑ましさでドリンクを提供している。お釣りの100円玉が切れたらしくて、他店舗同士で融通しあってる心温まるシーンもあった。結局お釣りの100円は50円玉2枚で来た。

f:id:mohi_wakame:20190825171034j:plain

どれもプラスチック容器なんだけどデザインは凝ってて、写真撮ると良い感じに映えるからよくできてる。

f:id:mohi_wakame:20190825170048j:plain

写真を撮れるブースが何個かある。このカートもロッカーも、近くで見ると普通の事務用の不用品に素人がラッカースプレーで塗ったって感じの出来栄えなんだけど、遠くからスマホで撮って加工してSNSに上がる頃にはそんなの分からないからよく出来てる。

f:id:mohi_wakame:20190829081653j:plain

よくわからないけど楽しそうにしている自分の写真がフォトフォルダに残っている。

f:id:mohi_wakame:20190829081638j:plain

タピ。

最後に東京タピオカランドを白昼夢たらしめる要因として触れておきたいのが、園内にはテーマソングである「タピる?」という曲が延々にリピート再生されている。

www.youtube.com

家でYouTubeで聴いてもなんとも思わないんだけど、園内でこれを聴いてると自然と仙草・・・じゃない洗脳されて思わず口ずさんでくる、This is タピオーカ♪

この曲を歌っているKaminという人、公式サイトによると「SNS世代のNEWラブソング・アーティスト」(原文ママ)らしく、デビューシングルは「ありよりのあり」。

「男子高生ミスターコン TikTok審査曲」や「LINE機能「トークBGM」Web CMテーマソング」を手掛けているらしい、”””””今若者が大注目のアーティストなのだ””””” ←定型句。

東京タピオカランドの東京タピオカランド性は、この曲によってもたらされているといっても過言ではないし、そのおかげで4日経った今でも東京タピオカランド来園体験は白昼夢のように記憶されているし、とりあえず今日もタピろうよ(ィエーィ!!

 

コミケ96運営に物申す! 私が考える3つの改善策

1.徹夜組はペナルティにして最後尾に回してください。

2.リストバンド転売屋を撲滅してください。転売リストバンドは無効にしてください。

3.熱中症対策のために待機列は屋内にして冷房をかけてください。

 

みたいな不毛な投稿を見るたびに苦虫を噛み潰したような顔をしています。

以下、夏コミに行ったよ、って記事。結局4日間とも行ってしまった。

 1日目は物見遊山で青海待機列を見に行く。夏の台場に待機列ができるのは今回が最初で最後(のはず)だと思って、記念で見た。

 1,2日目は、もう恒例感の出てきた大崎にもサークル参加。

「サークルスペースは炎天下の屋外」というと過酷に聞こえるけど、冷たい麦茶が飲み放題だし 日陰だったので案外どうにかなった。初めて大崎に参加したときは、たしか私を含めて3サークルくらいしか参加してなかった気がする。大きくなりましたね。嬉しい。結構本が売れるイベントなので良いです。

 で、「ご自分のサークルスペース*1」は3日目。

自分で書いた本をコミケに出して4年目、サークル参加自体は12年目となり、ようやく落ち着いてコミケで本を売れるようになってきた*2(気がします)。

 

で、一番エモーショナルが高まった*3のは4日目! 

ここを話したかった。

というのも、これまで3日目は自分がサークル出してるから(幸いスペースを任せられる人に恵まれ、不在にできる時間帯はあるが、それでも意識は自分のスペースに向くので)「コミケで男性向けジャンルをゆっくり冷やかす」というのがすごく新鮮な体験だった。 

f:id:mohi_wakame:20180811130200j:plain

1,2日目とは桁違いの密度で埋まったトラックヤードも新鮮だったし、

f:id:mohi_wakame:20180811130240j:plain

何とか乳業さんが1000円札を頭上に掲げさせながら、高速で列を捌いていく様子も

f:id:mohi_wakame:20180811125410j:plain

結構前から噂には聞いていたけど、実物は初めて見た(すごかった)。

f:id:mohi_wakame:20180811111356j:plain

↑ 9時45分くらいに西のトラックヤードから外を見たら、一般待機列が歩道をぎゅうぎゅうに埋め尽くして進んでいた。

f:id:mohi_wakame:20180811122203j:plain

4日目は、コミケットのジャンルコード*4でいうと「男性向」のほか、「東方Project」「同人ソフト」「デジタル(その他)」「コスプレ」「鉄道・旅行・ミリタリ」などが配置されている日で、ざっくりいうと「男性向けマンガたくさんに、Vtuberとえなこと東方とミリオタがいる*5」という日。

f:id:mohi_wakame:20180811123351j:plain

特に「評論」と近くて遠い「鉄道・旅行・ミリタリ」ジャンルとかじっくり回れたの、本当に贅沢な時間だったなあとしみじみ。でもどうしてもまだ慣れなくて、西ホールを回ってると「早く東に戻らなきゃ」とか「自分のスペース見なきゃ」みたいな、「こんなところでのんびりしてる場合じゃない」って謎の焦燥感がある。東ホールも自分のサークルスペースもないのに。ともかく、一般参加なのにイベントに開場から閉会までいたのなんて初めてかもしれないって思った。

思えば、初めてコミケに参加した頃(13年前)から「東京オリンピックをやるかもしれない*6」「そうなったらコミケは出来ないだろう」って雰囲気は蔓延してたし、東京2020開催が決まった後も「1年半前からビックサイトは使えなくなるから2019年の夏コミ以降は無理そう」とか言われて絶望していたのに、なぜか今回も無事に開催されているし、かえって開催日が増えたおかげで自分が見たいジャンルをゆっくり見れてるのってすごいことだなって。

南ホールも、初めて使うとは思えないくらいに上手に運用されていて感動した。西南間がシームレスに繋がっているという構造上のアドバンテージはもちろんあるだろうけど、その裏には「不測の事態を防ぐため今回は南は軽めの配置をする」とか「それに向けて何年か前から、大手サークルを東から西に移して耐久テストをしておく」みたいな不断の努力があったんだろう。西34ホールの一般待機列を引き込むときの、「B~Dブロックに行きたい人は、トラックヤードから入った後そのままアトリウム回って屋上展示場から入る」なんて計算し尽くされた導線、よう思いつかんわって。 

f:id:mohi_wakame:20180811121708j:plain

東78ホールが出来たときくらいから、準備会が「安全運営」にすごい重きを置き初めたような気がしていて、一般入場前のサークル列形成も(おおっぴらに言うことでもないから詳細は書かないけど)とにかく「事故のリスクを少しでも減らす」「みんなで協力して安全に終わるようにしてる」って姿勢を感じてる。

↑ の写真は、南12ホールが俯瞰で撮れるスポットがあるんだけど

f:id:mohi_wakame:20180811121730j:plain

現場ではスタッフが「エスカレーターの降り場で立ち止まるのは危ないので、撮影したい人はその奥で」「カメラが下に落ちて人に当たると危ないので、手は絶対に柵から出さないで」という運用をしている。数年前だったら一律に「撮影は禁止でーーーす!」「はいここ通路だよ~立ち止まらない!立ち止まらない!!立ち止まらなーーーい!!!」とか喚き散らかしていたんじゃないかって気がしないでもない。 

f:id:mohi_wakame:20180811122052j:plain

こういう、直感で分かる簡単な案内、というのもホスピタリティを感じる。単純な案内に見えるけど、これまでこうした「痒いところに手」な案内は少なく「分かる人には分かる」「一度経験した者には、この意味がわかる」という案内が多かった。

 

冒頭に上げた3つの指摘が不毛だと思う理由も簡単に。

1.徹夜組問題

「ルール上禁止になっている行為をする参加者」というのはシステム開発におけるバグのようなもので、存在しないことが望ましいがそれは難しい。「禁止と言われているのに自己の都合で徹夜をする人」というモラル・ハザード層は最も不測の事態を起こしやすい集団であるが、彼らを「一晩かけてある程度の負荷をかけてゴリゴリに体力を削り、入場順序は保証するという秩序を与えて従順に手懐けることで、影響を最小限にしている」というのはやっぱりすごい。

元から「ルールを守らない人たち」である彼らに対し、「こういうルールを作れば解決するのでは?」と提言すること自体がナンセンス。

あと、コミケに関わる諸問題を「徹夜組が悪い」と括るのも目立つが、これもなかなかに不毛。そりゃ徹夜組は「ルールを逸脱する層」であるから諸問題に関与もしているだろうが、そこで「悪いのは徹夜組だ」と思考停止している限りはその問題は永遠に解決できない。

 

 2.リストバンド転売問題

リストバンドもカタログも1ヶ月近く各書店で売られていたし(店舗特典を付けたり、店頭で特設ブースを作って必死に売る書店もあった)、「当日も販売します」という案内もあった中で「買い占めて転売してやろう・・・」という考えの人が果たしていたのかは謎。自分がもし買い逃してたら、出品ゼロで途方に暮れるくらいなら色付けて転売屋から買えた方が嬉しいけどなあ。買い手が付かなかった場合、リストバンドはただの紙切れになり、転売屋→コミケット準備会 に一方的なお布施が支払われるからむしろ良い流れ。「早く買わないで売り切れた」らその人の責任、というのは同人誌も同じですな。

あと、「一般参加者全体の人数の抑制を図りたい」という導入目的を考えれば、キャパシティを超えているのであれば完売して需要過多になるのかはむしろうまく機能している。

 

3.熱中症問題

「3日目は熱中症で5人(3人?)が緊急搬送された」らしい。そりゃこの数字はゼロであることに越したことはないが、熱中症による緊急搬送は全国で ひと夏95,137人(2018年、消防庁より)いるというデータと比べたときに、「20万人集まったイベントで5人が搬送」というのを運営の問題にするのは酷が過ぎよう。特に、待機列は準備会の管理下とは言え「会場外」というのもある。ラーメン屋の外で並んだ人が暑さで倒れたときにラーメン屋のせいになるのかは知らない。

f:id:mohi_wakame:20180811124223j:plain

 一般待機列が過酷な環境であることに変わりはないので、覚悟して来るか 遅い時間に来るかするべき(というのはコミケカタログにずっと前から書いてある)。か、サークルで出ればいいんじゃないすかね。

 

ホールが物理的に細切れになったのも、各ホールで明確な色が出て 回ってて面白かったし、

 それが人の定着に繋がってるのも良いことですね。早く撤収しちゃうサークルが多いのは、ゆっくり見たい私にはちょっと淋しい。

 

f:id:mohi_wakame:20180811143547j:plain

次の夏コミ(?)はGWに開催されるらしいですが、

f:id:mohi_wakame:20180811143551j:plain

 ただの勘だけど、五輪後も4日間開催し続けたりするんじゃないかなって思ってる。

ともかく”””令和最初”””のコミケこと、コミックマーケット96は個人的には過去最高に満足できた回でした、ということが言いたかった。

10年後もコミケに参加して、「平成の頃はリストバンドなんて必要なかったんだけどなあ」とか言いたい。

*1:コミケが開催されるたびに耳の残るフレーズ。他に「働くおじさん総集編」などがある。

*2:刺激が欲しいと同人誌以外に麻婆豆腐を売れたりするようになってきた

*3:「エモい」は思考停止のワードだから使うな、という祖父の遺言に基づく表現です。

*4:コミケットのジャンル分け、最初の頃は「よくわからない分け方だなあ」と思っていたが、参加を重ねるごとにいかにMECEで構造的な分け方かを実感するので好き。特にゲームの分け方とか

*5:語弊を恐れずに言っています

*6:その頃は2016年開催に向けた動きだったかと記憶してる

ジャンクションのある町 箱崎には、無機質な巨大構造物特有の閉塞感がある。

成田空港に車で向かうと、途中で「成田市街」方面と「成田空港」方面で分岐する標識があって、そこで「ああ、成田は空港だけじゃなくて、普通に住んでる人もいるんだよな」という当たり前のことに気付く。

 首都高だと「羽田出口」もそうだし、「浦安出口」もそんな感じがするし、「箱崎出口」もそんな感じがする。

f:id:mohi_wakame:20180629120357j:plain

箱崎はジャンクションの印象が強いが、その下には町があって人が住んでいる、というのは、近くに引っ越してきてみて初めて気付いたことだ。 

f:id:mohi_wakame:20180629121647j:plain

この町の頭上は高速道路が覆う。

f:id:mohi_wakame:20180629122540j:plain

じっと見ていると首都高は大蛇みたいに見えてくる。

f:id:mohi_wakame:20180629114536j:plain

公園の中央には首都高の支柱が鎮座する。

f:id:mohi_wakame:20180629114810j:plain

 

f:id:mohi_wakame:20180629121808j:plain

ジャンプしたら手が届きそうな高さで首都高が走っていて、その下に遊具があって人が遊んでいる。

雨の日も遊べるから良いのかもしれない。

f:id:mohi_wakame:20180629120312j:plain

首都高で行き止まりになる。

f:id:mohi_wakame:20180629120622j:plain

3層構造で道が架かる。

f:id:mohi_wakame:20180629120732j:plain

4本の首都高に押しつぶされそうなセブンイレブン

f:id:mohi_wakame:20180629120955j:plain

”第4層”の箱崎には人が住んでいる。

f:id:mohi_wakame:20180629115058j:plain

頭上を巨大な構造物が覆う町には、特有の閉塞感を感じる。のは、まだ慣れていないからなのか。f:id:mohi_wakame:20180629114214j:plain

信号機が頭打ちになっている感じがなんともこの町っぽい。

f:id:mohi_wakame:20180629122710j:plain

巨大な構造物と共存する道を選んだ住民たち、というのは異世界っぽさがあって良い。

f:id:mohi_wakame:20180629122757j:plain

f:id:mohi_wakame:20180629123201j:plain

f:id:mohi_wakame:20180629115854j:plain

やっぱりインフラは萌えますな。えぇ。

mohi.hateblo.jp

グルコミ(グルメコミックコンベンション10)出展情報

 前回大好評の花椒マシマシ麻婆豆腐 を、さらにスパイスを濃縮してパワーアップ

それと、麻辣ひとくちシャーピン。が新メニューです。

前回の調理参加体験記の本も置きます。

 f:id:mohi_wakame:20180329143956j:plain

f:id:mohi_wakame:20180329151857j:plain

f:id:mohi_wakame:20180329154434j:plain

f:id:mohi_wakame:20180329164455j:plain

ちなみに試作(試食)過程で発覚したんですが、

ひとくちシャーピンを、麻婆豆腐に漬けて食うとめちゃうまでした

ぜひご賞味ください。

「自由ポータルZ」入選を目指す。

 

「自由ポータルZ」という、企画がある。

 

f:id:mohi_wakame:20190422000220j:plain

↑「自由ポータルZ」

デイリーポータルZ の企画の一つで、一言で言うと読者投稿企画。

「自由にデイリーポータルZみたいなことをする」というのがコンセプトのようで、毎週、数作品が「入選」し紹介・講評してもらうことができる。

友人の 千鳥あゆむ (@chidoriayumu)少年B (@raira21)両氏と話をしていたとき、二人ともこれに入選したことがあり、入選したことがないのは私だけだという話になった。

 

なんだそれ、めちゃくちゃ入選したいじゃないか。

 

ということで、早速コンビニに行ってお菓子を買ってきた。

 

f:id:mohi_wakame:20180421001632j:plain

 

テーマを"コンビニのお菓子"に定めたのは、「身近さ」が読者にウケるという意見を貰ったから。選んだお菓子が7種類なのは、「奇数のが良い」というアドバイスによるものだ(なぜなのかは知らない)。

f:id:mohi_wakame:20180421001541j:plain

↑7個でちょうど900円だった(こうした分かりやすい”エピソード”を積み重ねることで読者に「現場感」を与えられるようだ)。

ということで、早速お菓子を食べていきたい。

 

f:id:mohi_wakame:20180421001706j:plain

まずは「2種の醤油で仕上げた あとひき柿ピー」。

なんでも、たまり醤油と濃口醤油で味付けされており、あとをひくやみつきな味なのだそう。食べてみると、安心して食べられるいつもの柿ピーの味。心なしか普通の柿ピーよりもピーナッツの割合が多い気がしてうれしい。

ビール飲みたくなる度:★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001710j:plain

次は、「くちどけチョコレート 白いダース」。

ホワイトチョコらしい品のない甘さがなんとも口に優しい。黒いチョコレートより好きだ。

疲れてるときに食べたい度:★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001714j:plain

次は、「果汁グミ マンゴー」。

パッケージには「マンゴーミックス果汁 100(生果汁換算比)」とあり、単位が記されていない。まさか誤植ではないだろうから、単位はパーミルだろうか。

ともかくマンゴー感あふれるジューシーな味で美味しい。マンゴージュースを飲んでるみたいだ。

南国に来た気分度:★★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001721j:plain

次は、「チップスター うすしお」。

チップスターはきちんと筒に入っていて、カバンに入れても割れないので便利だ。わたしはオフィスワーカーなのだが、なんとなく自分のデスクで袋のポテトチップスは食べにくいがこれなら食べられるので重宝している。

割れない度:★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001650j:plain

ポッキー。リリー・フランキー氏のイラストが付いている期間限定デザインだ。

リリー・フランキー期間限定デザイン度:★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001655j:plain

「明治チョコスナック たけのこの里」。

期間限定なのかは分からないが、「たけのこ党」と記されたタスキをし擬人化されたたけのこの里が2名(うち1名は「絶対に負けないYO!!」と発声、もう1名は新聞を読んでいる)絵と、その隣には擬人化をされていない「たけのこの里」が5つ、「たけのこ党」と記されたタスキをし配置されている。忖度だろうか。

忖度度:★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001701j:plain

最後は、ココナッツサブレ

ココナッツサブレって日清だったんだ、度:★★★★

 

ということで、優勝は

f:id:mohi_wakame:20180421001650j:plain

ポッキーに軍配が上がりました(美味しかったから)。

 

結論:お菓子はうまい。

お菓子はうまい。うまかったのだが、食べてる途中に横槍をたくさん挟まれたり、「こういうのは記事で言及した方が良い」とツッコミを受けたりして、食べた気がしなかった。自由ポータル入選を目指すあまりに不自由な時間を過ごす羽目になった。