コミケ96運営に物申す! 私が考える3つの改善策

1.徹夜組はペナルティにして最後尾に回してください。

2.リストバンド転売屋を撲滅してください。転売リストバンドは無効にしてください。

3.熱中症対策のために待機列は屋内にして冷房をかけてください。

 

みたいな不毛な投稿を見るたびに苦虫を噛み潰したような顔をしています。

以下、夏コミに行ったよ、って記事。結局4日間とも行ってしまった。

 1日目は物見遊山で青海待機列を見に行く。夏の台場に待機列ができるのは今回が最初で最後(のはず)だと思って、記念で見た。

 1,2日目は、もう恒例感の出てきた大崎にもサークル参加。

「サークルスペースは炎天下の屋外」というと過酷に聞こえるけど、冷たい麦茶が飲み放題だし 日陰だったので案外どうにかなった。初めて大崎に参加したときは、たしか私を含めて3サークルくらいしか参加してなかった気がする。大きくなりましたね。嬉しい。結構本が売れるイベントなので良いです。

 で、「ご自分のサークルスペース*1」は3日目。

自分で書いた本をコミケに出して4年目、サークル参加自体は12年目となり、ようやく落ち着いてコミケで本を売れるようになってきた*2(気がします)。

 

で、一番エモーショナルが高まった*3のは4日目! 

ここを話したかった。

というのも、これまで3日目は自分がサークル出してるから(幸いスペースを任せられる人に恵まれ、不在にできる時間帯はあるが、それでも意識は自分のスペースに向くので)「コミケで男性向けジャンルをゆっくり冷やかす」というのがすごく新鮮な体験だった。 

f:id:mohi_wakame:20180811130200j:plain

1,2日目とは桁違いの密度で埋まったトラックヤードも新鮮だったし、

f:id:mohi_wakame:20180811130240j:plain

何とか乳業さんが1000円札を頭上に掲げさせながら、高速で列を捌いていく様子も

f:id:mohi_wakame:20180811125410j:plain

結構前から噂には聞いていたけど、実物は初めて見た(すごかった)。

f:id:mohi_wakame:20180811111356j:plain

↑ 9時45分くらいに西のトラックヤードから外を見たら、一般待機列が歩道をぎゅうぎゅうに埋め尽くして進んでいた。

f:id:mohi_wakame:20180811122203j:plain

4日目は、コミケットのジャンルコード*4でいうと「男性向」のほか、「東方Project」「同人ソフト」「デジタル(その他)」「コスプレ」「鉄道・旅行・ミリタリ」などが配置されている日で、ざっくりいうと「男性向けマンガたくさんに、Vtuberとえなこと東方とミリオタがいる*5」という日。

f:id:mohi_wakame:20180811123351j:plain

特に「評論」と近くて遠い「鉄道・旅行・ミリタリ」ジャンルとかじっくり回れたの、本当に贅沢な時間だったなあとしみじみ。でもどうしてもまだ慣れなくて、西ホールを回ってると「早く東に戻らなきゃ」とか「自分のスペース見なきゃ」みたいな、「こんなところでのんびりしてる場合じゃない」って謎の焦燥感がある。東ホールも自分のサークルスペースもないのに。ともかく、一般参加なのにイベントに開場から閉会までいたのなんて初めてかもしれないって思った。

思えば、初めてコミケに参加した頃(13年前)から「東京オリンピックをやるかもしれない*6」「そうなったらコミケは出来ないだろう」って雰囲気は蔓延してたし、東京2020開催が決まった後も「1年半前からビックサイトは使えなくなるから2019年の夏コミ以降は無理そう」とか言われて絶望していたのに、なぜか今回も無事に開催されているし、かえって開催日が増えたおかげで自分が見たいジャンルをゆっくり見れてるのってすごいことだなって。

南ホールも、初めて使うとは思えないくらいに上手に運用されていて感動した。西南間がシームレスに繋がっているという構造上のアドバンテージはもちろんあるだろうけど、その裏には「不測の事態を防ぐため今回は南は軽めの配置をする」とか「それに向けて何年か前から、大手サークルを東から西に移して耐久テストをしておく」みたいな不断の努力があったんだろう。西34ホールの一般待機列を引き込むときの、「B~Dブロックに行きたい人は、トラックヤードから入った後そのままアトリウム回って屋上展示場から入る」なんて計算し尽くされた導線、よう思いつかんわって。 

f:id:mohi_wakame:20180811121708j:plain

東78ホールが出来たときくらいから、準備会が「安全運営」にすごい重きを置き初めたような気がしていて、一般入場前のサークル列形成も(おおっぴらに言うことでもないから詳細は書かないけど)とにかく「事故のリスクを少しでも減らす」「みんなで協力して安全に終わるようにしてる」って姿勢を感じてる。

↑ の写真は、南12ホールが俯瞰で撮れるスポットがあるんだけど

f:id:mohi_wakame:20180811121730j:plain

現場ではスタッフが「エスカレーターの降り場で立ち止まるのは危ないので、撮影したい人はその奥で」「カメラが下に落ちて人に当たると危ないので、手は絶対に柵から出さないで」という運用をしている。数年前だったら一律に「撮影は禁止でーーーす!」「はいここ通路だよ~立ち止まらない!立ち止まらない!!立ち止まらなーーーい!!!」とか喚き散らかしていたんじゃないかって気がしないでもない。 

f:id:mohi_wakame:20180811122052j:plain

こういう、直感で分かる簡単な案内、というのもホスピタリティを感じる。単純な案内に見えるけど、これまでこうした「痒いところに手」な案内は少なく「分かる人には分かる」「一度経験した者には、この意味がわかる」という案内が多かった。

 

冒頭に上げた3つの指摘が不毛だと思う理由も簡単に。

1.徹夜組問題

「ルール上禁止になっている行為をする参加者」というのはシステム開発におけるバグのようなもので、存在しないことが望ましいがそれは難しい。「禁止と言われているのに自己の都合で徹夜をする人」というモラル・ハザード層は最も不測の事態を起こしやすい集団であるが、彼らを「一晩かけてある程度の負荷をかけてゴリゴリに体力を削り、入場順序は保証するという秩序を与えて従順に手懐けることで、影響を最小限にしている」というのはやっぱりすごい。

元から「ルールを守らない人たち」である彼らに対し、「こういうルールを作れば解決するのでは?」と提言すること自体がナンセンス。

あと、コミケに関わる諸問題を「徹夜組が悪い」と括るのも目立つが、これもなかなかに不毛。そりゃ徹夜組は「ルールを逸脱する層」であるから諸問題に関与もしているだろうが、そこで「悪いのは徹夜組だ」と思考停止している限りはその問題は永遠に解決できない。

 

 2.リストバンド転売問題

リストバンドもカタログも1ヶ月近く各書店で売られていたし(店舗特典を付けたり、店頭で特設ブースを作って必死に売る書店もあった)、「当日も販売します」という案内もあった中で「買い占めて転売してやろう・・・」という考えの人が果たしていたのかは謎。自分がもし買い逃してたら、出品ゼロで途方に暮れるくらいなら色付けて転売屋から買えた方が嬉しいけどなあ。買い手が付かなかった場合、リストバンドはただの紙切れになり、転売屋→コミケット準備会 に一方的なお布施が支払われるからむしろ良い流れ。「早く買わないで売り切れた」らその人の責任、というのは同人誌も同じですな。

あと、「一般参加者全体の人数の抑制を図りたい」という導入目的を考えれば、キャパシティを超えているのであれば完売して需要過多になるのかはむしろうまく機能している。

 

3.熱中症問題

「3日目は熱中症で5人(3人?)が緊急搬送された」らしい。そりゃこの数字はゼロであることに越したことはないが、熱中症による緊急搬送は全国で ひと夏95,137人(2018年、消防庁より)いるというデータと比べたときに、「20万人集まったイベントで5人が搬送」というのを運営の問題にするのは酷が過ぎよう。特に、待機列は準備会の管理下とは言え「会場外」というのもある。ラーメン屋の外で並んだ人が暑さで倒れたときにラーメン屋のせいになるのかは知らない。

f:id:mohi_wakame:20180811124223j:plain

 一般待機列が過酷な環境であることに変わりはないので、覚悟して来るか 遅い時間に来るかするべき(というのはコミケカタログにずっと前から書いてある)。か、サークルで出ればいいんじゃないすかね。

 

ホールが物理的に細切れになったのも、各ホールで明確な色が出て 回ってて面白かったし、

 それが人の定着に繋がってるのも良いことですね。早く撤収しちゃうサークルが多いのは、ゆっくり見たい私にはちょっと淋しい。

 

f:id:mohi_wakame:20180811143547j:plain

次の夏コミ(?)はGWに開催されるらしいですが、

f:id:mohi_wakame:20180811143551j:plain

 ただの勘だけど、五輪後も4日間開催し続けたりするんじゃないかなって思ってる。

ともかく”””令和最初”””のコミケこと、コミックマーケット96は個人的には過去最高に満足できた回でした、ということが言いたかった。

10年後もコミケに参加して、「平成の頃はリストバンドなんて必要なかったんだけどなあ」とか言いたい。

*1:コミケが開催されるたびに耳の残るフレーズ。他に「働くおじさん総集編」などがある。

*2:刺激が欲しいと同人誌以外に麻婆豆腐を売れたりするようになってきた

*3:「エモい」は思考停止のワードだから使うな、という祖父の遺言に基づく表現です。

*4:コミケットのジャンル分け、最初の頃は「よくわからない分け方だなあ」と思っていたが、参加を重ねるごとにいかにMECEで構造的な分け方かを実感するので好き。特にゲームの分け方とか

*5:語弊を恐れずに言っています

*6:その頃は2016年開催に向けた動きだったかと記憶してる

ジャンクションのある町 箱崎には、無機質な巨大構造物特有の閉塞感がある。

成田空港に車で向かうと、途中で「成田市街」方面と「成田空港」方面で分岐する標識があって、そこで「ああ、成田は空港だけじゃなくて、普通に住んでる人もいるんだよな」という当たり前のことに気付く。

 首都高だと「羽田出口」もそうだし、「浦安出口」もそんな感じがするし、「箱崎出口」もそんな感じがする。

f:id:mohi_wakame:20180629120357j:plain

箱崎はジャンクションの印象が強いが、その下には町があって人が住んでいる、というのは、近くに引っ越してきてみて初めて気付いたことだ。 

f:id:mohi_wakame:20180629121647j:plain

この町の頭上は高速道路が覆う。

f:id:mohi_wakame:20180629122540j:plain

じっと見ていると首都高は大蛇みたいに見えてくる。

f:id:mohi_wakame:20180629114536j:plain

公園の中央には首都高の支柱が鎮座する。

f:id:mohi_wakame:20180629114810j:plain

 

f:id:mohi_wakame:20180629121808j:plain

ジャンプしたら手が届きそうな高さで首都高が走っていて、その下に遊具があって人が遊んでいる。

雨の日も遊べるから良いのかもしれない。

f:id:mohi_wakame:20180629120312j:plain

首都高で行き止まりになる。

f:id:mohi_wakame:20180629120622j:plain

3層構造で道が架かる。

f:id:mohi_wakame:20180629120732j:plain

4本の首都高に押しつぶされそうなセブンイレブン

f:id:mohi_wakame:20180629120955j:plain

”第4層”の箱崎には人が住んでいる。

f:id:mohi_wakame:20180629115058j:plain

頭上を巨大な構造物が覆う町には、特有の閉塞感を感じる。のは、まだ慣れていないからなのか。f:id:mohi_wakame:20180629114214j:plain

信号機が頭打ちになっている感じがなんともこの町っぽい。

f:id:mohi_wakame:20180629122710j:plain

巨大な構造物と共存する道を選んだ住民たち、というのは異世界っぽさがあって良い。

f:id:mohi_wakame:20180629122757j:plain

f:id:mohi_wakame:20180629123201j:plain

f:id:mohi_wakame:20180629115854j:plain

やっぱりインフラは萌えますな。えぇ。

mohi.hateblo.jp

グルコミ(グルメコミックコンベンション10)出展情報

 前回大好評の花椒マシマシ麻婆豆腐 を、さらにスパイスを濃縮してパワーアップ

それと、麻辣ひとくちシャーピン。が新メニューです。

前回の調理参加体験記の本も置きます。

 f:id:mohi_wakame:20180329143956j:plain

f:id:mohi_wakame:20180329151857j:plain

f:id:mohi_wakame:20180329154434j:plain

f:id:mohi_wakame:20180329164455j:plain

ちなみに試作(試食)過程で発覚したんですが、

ひとくちシャーピンを、麻婆豆腐に漬けて食うとめちゃうまでした

ぜひご賞味ください。

「自由ポータルZ」入選を目指す。

 

「自由ポータルZ」という、企画がある。

 

f:id:mohi_wakame:20190422000220j:plain

↑「自由ポータルZ」

デイリーポータルZ の企画の一つで、一言で言うと読者投稿企画。

「自由にデイリーポータルZみたいなことをする」というのがコンセプトのようで、毎週、数作品が「入選」し紹介・講評してもらうことができる。

友人の 千鳥あゆむ (@chidoriayumu)少年B (@raira21)両氏と話をしていたとき、二人ともこれに入選したことがあり、入選したことがないのは私だけだという話になった。

 

なんだそれ、めちゃくちゃ入選したいじゃないか。

 

ということで、早速コンビニに行ってお菓子を買ってきた。

 

f:id:mohi_wakame:20180421001632j:plain

 

テーマを"コンビニのお菓子"に定めたのは、「身近さ」が読者にウケるという意見を貰ったから。選んだお菓子が7種類なのは、「奇数のが良い」というアドバイスによるものだ(なぜなのかは知らない)。

f:id:mohi_wakame:20180421001541j:plain

↑7個でちょうど900円だった(こうした分かりやすい”エピソード”を積み重ねることで読者に「現場感」を与えられるようだ)。

ということで、早速お菓子を食べていきたい。

 

f:id:mohi_wakame:20180421001706j:plain

まずは「2種の醤油で仕上げた あとひき柿ピー」。

なんでも、たまり醤油と濃口醤油で味付けされており、あとをひくやみつきな味なのだそう。食べてみると、安心して食べられるいつもの柿ピーの味。心なしか普通の柿ピーよりもピーナッツの割合が多い気がしてうれしい。

ビール飲みたくなる度:★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001710j:plain

次は、「くちどけチョコレート 白いダース」。

ホワイトチョコらしい品のない甘さがなんとも口に優しい。黒いチョコレートより好きだ。

疲れてるときに食べたい度:★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001714j:plain

次は、「果汁グミ マンゴー」。

パッケージには「マンゴーミックス果汁 100(生果汁換算比)」とあり、単位が記されていない。まさか誤植ではないだろうから、単位はパーミルだろうか。

ともかくマンゴー感あふれるジューシーな味で美味しい。マンゴージュースを飲んでるみたいだ。

南国に来た気分度:★★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001721j:plain

次は、「チップスター うすしお」。

チップスターはきちんと筒に入っていて、カバンに入れても割れないので便利だ。わたしはオフィスワーカーなのだが、なんとなく自分のデスクで袋のポテトチップスは食べにくいがこれなら食べられるので重宝している。

割れない度:★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001650j:plain

ポッキー。リリー・フランキー氏のイラストが付いている期間限定デザインだ。

リリー・フランキー期間限定デザイン度:★★★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001655j:plain

「明治チョコスナック たけのこの里」。

期間限定なのかは分からないが、「たけのこ党」と記されたタスキをし擬人化されたたけのこの里が2名(うち1名は「絶対に負けないYO!!」と発声、もう1名は新聞を読んでいる)絵と、その隣には擬人化をされていない「たけのこの里」が5つ、「たけのこ党」と記されたタスキをし配置されている。忖度だろうか。

忖度度:★★

 

f:id:mohi_wakame:20180421001701j:plain

最後は、ココナッツサブレ

ココナッツサブレって日清だったんだ、度:★★★★

 

ということで、優勝は

f:id:mohi_wakame:20180421001650j:plain

ポッキーに軍配が上がりました(美味しかったから)。

 

結論:お菓子はうまい。

お菓子はうまい。うまかったのだが、食べてる途中に横槍をたくさん挟まれたり、「こういうのは記事で言及した方が良い」とツッコミを受けたりして、食べた気がしなかった。自由ポータル入選を目指すあまりに不自由な時間を過ごす羽目になった。

京都で撮った「いけず石」画像13選

今年のお正月は京都に行った。

 

 行ったんですが、京都には「いけず石」というものがあります。

f:id:mohi_wakame:20180103202512j:plain

この黄色い石ですね。

関東だと支柱なんかが同じ役目を果たしていがちな、この「いけず石」。

支柱がおっ立ってる方が威圧感はありますが、実際のところ運転席から視認できる点でドライバーフレンドリーだったりします。その点、この「いけず石」は(特に左折時は)運転席から見えないし、それでいて縁石と違って 巻き込んだら確実に車体が傷付く絶妙な高さで設置されている、なんとも京都人らしい奥ゆかしい石なのです。

古都京都ではそこら中にあったので、一行は魅了されっぱなしでした(左に立ってるのが同行者)。

以下、淡々と「いけず石」を愛でます。

 

f:id:mohi_wakame:20180103224945j:plain

まずは王道パターン。

 

f:id:mohi_wakame:20180103224948j:plain

じっと見てると、すみっコぐらしみたいな愛おしさがあります。

 

f:id:mohi_wakame:20180103224833j:plain

これも王道ですが、「雅な見た目のカラーコーン」との合わせ技です。初めて見た。

 

f:id:mohi_wakame:20180103225924j:plain

やや角ばった石。

 

f:id:mohi_wakame:20180104162550j:plain

だいぶ成形された「人工型」。色も着いていて、ポールに進化する過程なのかもしれない。

 

f:id:mohi_wakame:20180103225711j:plain

小さいのが寄せ集まった型。

 

f:id:mohi_wakame:20180104122822j:plain

タイヤホイールとの共演型。

 

f:id:mohi_wakame:20180104162154j:plain

あえて角からちょっと離れたところに置く型。

 

f:id:mohi_wakame:20180104122935j:plain

角ではなく辺に置く型。

 

f:id:mohi_wakame:20180103225238j:plain

ご隠居型(花壇に世代交代を果たしたので、一線を退いて後ろでそっと見守っている。ブロック塀が間を取り持っている理由は知らない)。

 

f:id:mohi_wakame:20180104163029j:plain

先代いけず石はご隠居し手厚く守られ、まだ小さな後継が鎮座し、それを支えるかのようにポールも立てておいた型。

 

f:id:mohi_wakame:20180104163039j:plain

これは亜種で、電柱と建物の間をどうしても塞ぎたかった型。

公道上に置いているように見えるが、公道に石を置いてはいけないと思った。

平成を振り返る #忘平成会 を開催したら 忘れられない思い出になった

いつも通り、タイトルの通り。

最近、たまに変なイベントを開催していて、

mohi.hateblo.jp

mohi.hateblo.jp

↑前々回と前回

 

今回は、忘年会シーズンを前に平成ごと忘れる*1という趣旨で、「忘平成会」を開催した。

会場はスナックを貸し切ったところ、図らずも昭和な雰囲気になった。

f:id:mohi_wakame:20171201153831j:plain

昭和生まれの人による、紙芝居で幕を開けた。

f:id:mohi_wakame:20171201161020j:plain

官房長官より現元号の発表があり、会が始まった。

元号、まさか平成だとは思わなかったのでびっくりした。

その後冒頭、私が「平成30年間の流行語を振り返りながら、来年の流行語大賞を予想する」というプレゼンを実施した(予想の内容はその場にいた人だけの秘密です)。

f:id:mohi_wakame:20171201170706j:plain

その後は、思い思いが持ち寄ったモノをプレゼンしながら、平成の30年間を振り返った。

f:id:mohi_wakame:20171201163912j:plain

ゲーム機を持ってきてくれた人が多かった。

f:id:mohi_wakame:20171201162303j:plain

MD。

f:id:mohi_wakame:20171201164050j:plain

過去の遺物となったフィーチャーフォン

f:id:mohi_wakame:20171201164033j:plain

ミニ四駆とたまごっち。

f:id:mohi_wakame:20171201171355j:plain

ポケモンいえるかな

f:id:mohi_wakame:20171201174018j:plain

いかがわしいトランプ

f:id:mohi_wakame:20171201170220j:plain

びよ~~~んってするやつ

f:id:mohi_wakame:20171201191015j:plain

 

f:id:mohi_wakame:20171201191041j:plain

ハム太郎の体型の変遷を読み解いた。

f:id:mohi_wakame:20171201162735j:plain

同人誌即売コーナーを設けたところ、「自分がかつて書いた黒歴史小説」を頒布する人などが現れた。

 私は、「友人がかつて書いた黒歴史小説の考察同人誌」を出した。余ったので冬コミに持っていこうと思う。

f:id:mohi_wakame:20171201163620j:plain

スナックなので飲食物を提供することが許容された

f:id:mohi_wakame:20171201182230j:plain

平成を代表するカクテル「ヤマンバvs白ギャル」

f:id:mohi_wakame:20171201181152j:plain

フードメニューは、「狂牛病対策のため急遽代替された豚丼」などが供された

f:id:mohi_wakame:20171201195750j:plain

最後は、平成を象徴する曲がライブで演奏され、幕を閉じた。

 

以下、参加者の声。

 図らずもオタクの参加者が多く(オタクの友人は大抵オタクのため)、その手のコンテンツだと話題が深まるなどした。2006(平成18)年がエポックだ、との説があった。

 「かわいい」は30年間で変わる。

 何が良かったって、参加者丸投げ型のプレゼンだったのに、喋る人もさほど偏らず、ニッチすぎることを話す人もおらず、かといって聞いてて興味をそそられるくらいには捻った話ばかりがでてきたので良かった。というか皆さんプレゼンが上手い。

 平成の歴史はインターネットの歴史でもあるかもしれなかった。

 たしかにあの日わたしたちは、平成という時代の走馬灯を見ていたのかもしれない。

次回開催のご要望がございましたので、次回はまた次の改元の時に開催しようと思います。

参加者各位は、どうか次の改元まで生きててください。

*1:なお私は平成生まれのため、事実上は人生ごと忘れることが可能。

自分たちで「夏祭り」を開催した話

「平成最後」って枕はもう聞き飽きたけど、今年の夏は暑かったし、夏といえば「夏祭り」だけどちゃんと夏祭りに行ったことはなかった。

「夏のお祭り」に行くことはあれど、「夏祭り」はWhiteberryの歌詞の中にだけあるものだった。

 ↑「夏のお祭り」

でも今年は、たまたま家の近くで「夏祭り」がやってて、こっそり入ってみたらすごく良かった。夏って感じがして。

 ↑「夏祭り」

そんな矢先、「暗蜜会」に参加していた各位で、「屋内で身内だけ集めて、夏祭りを開催したい」って話になった。

mohi.hateblo.jp

↑「暗蜜会」の経緯

ということで、屋内で夏祭りを開催しました。

 

【開催概要】

会場:都内某所のレンタルスペース

出店:9軒

参加者:述べ30名

 

f:id:mohi_wakame:20170901162207j:plain

会場は都内某所のレンタルスペース。ドリンクバーが付いていた、神か。

で、これから各お店の写真を載せるんだけど、ぶっちゃけ写真で見ると驚くほどちゃっちい。びっくりした。

f:id:mohi_wakame:20170901163004j:plain

私のお店は駄菓子屋さん。アメ横で買ったお菓子が置いてある。

f:id:mohi_wakame:20170901163804j:plain

お面屋さん。

f:id:mohi_wakame:20170901170711j:plain

リクエストするとお面に文字を書いてくれるのでインスタに映えた。

食べ物もちゃんとあった。お祭りだから。

f:id:mohi_wakame:20170901164503j:plain

創作和風居酒屋風POPでメニューが載っている。

f:id:mohi_wakame:20170901170733j:plain

豚肉が焼かれて、

f:id:mohi_wakame:20170901172404j:plain

肉巻きおにぎりになる、などしていた。

f:id:mohi_wakame:20170901172614j:plain

その他、イカが焼かれる、

f:id:mohi_wakame:20170901174000j:plain

はしが巻かれるなどしていた。

f:id:mohi_wakame:20170901185954j:plain

任意の食べ物は、半熟の卵を載せるとおいしくなることで知られていた。

f:id:mohi_wakame:20170901182408j:plain

肉を焼いて食べると美味しいので、困ったら肉を焼いておけばたいてい楽しくなることもまた、明らかになった。

f:id:mohi_wakame:20170901170726j:plain

これは紙芝居。

f:id:mohi_wakame:20170901174136j:plain

紙芝居をしてくれるおじさんが来ていた。

f:id:mohi_wakame:20170901195314j:plain

紙芝居をしてくれるおじさんは、意図に沿った発言をした観客にはお菓子をあげることで秩序を保っていた。報酬体系はマネジメントの基本である。

f:id:mohi_wakame:20170901165431j:plain

ニンテンドースイッチが当たるクジ引きもあったが、残念ながら当選者は出なかった。昨日だけで3人が当選していたらしいので、みんなよほど運がなかったのだと思われる。

f:id:mohi_wakame:20170901182257j:plain

お面屋さんが幅を利かせていて、会場内の光景はいちいちシュールであった。

f:id:mohi_wakame:20170901182555j:plain

誰かに見られている気がして常に落ち着かなくて、防犯効果があった。

f:id:mohi_wakame:20170901192358j:plain

レザークラフト屋さんもあったけど、後ろから見ると白目のひとがいて怖かった。

 

お祭りは準備含め5時間ほど開催されていて、今思い返すと写真で見るとほんとに全てがちゃっちいしなんで5時間持ったのかもよく分からないけど、とにかく終始面白かった。

f:id:mohi_wakame:20170901165204j:plain

ピンボールがあった。

 

f:id:mohi_wakame:20170901183954j:plain

これとか写真で見ると ただのおもちゃなんだけど、この釘の位置と点数配置が絶妙で、人によって得点が全然変わってくるし、ハンドスピナーがなんともいやらしい動きをしていた。景品が貰えそうで貰えない微妙な点数に着地するのが憎かった。

傍から見ているとただ棒きれを押してるだけなのに、いざ自分がやろうとしてこのアングルで盤上を眺めると そこはもう世界だなあって感じがした。

「広い視野で」ってのが良いことのように言われがちだけれど、実際は目の前に没頭する方が楽しめるコツなのかも知れない。何事も。

f:id:mohi_wakame:20170901191213j:plain

いくらだって人工で作られている訳で、どうせ作り物に囲まれるなら精いっぱい楽しんで生きたい。私は最近そう思ってて、いつもそう言ってる。

最後に、「点数占い」なる占いをした。

f:id:mohi_wakame:20170901180636j:plain

今後の運勢や、いかに。

f:id:mohi_wakame:20170901180642j:plain